1日の制限摂取カロリーと基礎代謝量の計算式はダイエットの基本

スポンサーリンク

あなたは、肥満予防のために超えてはいけない一日のカロリー制限摂取量をご存じですか?
beach valley

ダイエット成功のために食生活の基本は2つ。過剰な糖質摂取に気を付けること。必要以上のカロリー摂取(カロリー摂取制限)をしないよう気を付けること。ダイエット中の食生活においては、この2点を注意してください。

あなたに合った制限摂取カロリー、つまり一日に摂取すべきカロリー算出方法を知っていますか?
年齢や運動量によって制限すべきカロリー摂取量(エネルギー量)は違います。

このカロリー必要摂取量を算出し、日々の食生活で超えないように生活すれば体重がガンガン減っていきます。私の実体験です。

 まず、あなたの1日の基礎代謝量の計算式を知っておきましょう

1日の基礎代謝量(kcal)=基礎代謝基準値(kcal) × あなたの現在の体重(kg)

◆あなたの基礎代謝基準値は下の表から数字を見つけて当てはめてください

年齢(歳) 男性(kcal) 女性(kcal)
18 ~ 29 24.0 22.1
30 ~ 49 22.3 21.7
50 ~ 69 21.5 20.7
70以上 21.5 20.7

例えば、あなたの年齢が35歳の男性で体重が81kgの場合は、
22.3 × 81 = 1806.3kcalとなりますね。

便利な基礎代謝の計算サイトがありますので、リンクを貼っておきます。

基礎代謝 計算サイト(別ページで開きます)

基礎代謝量が分かったら、次に1日の制限摂取カロリーを計算

1日のカロリー摂取上限量(kcal)=あなたの一日の基礎代謝量(kcal) × あなたの身体活動強度

◆あなたの身体活動強度は下の表から数字を見つけて当てはめてください

低い(Ⅰ)身体活動強度 1.50 生活の大部分が座位で、静的な活動が中心の場合。
ふつう(Ⅱ)身体活動強度 1.75 座位中心の仕事だが、職場内での移動や立位での作業・接客等、あるいは通勤・買物・家事、軽いスポーツ等のいずれかを含む。
高い(Ⅲ)身体活動強度 2.00 移動や立位の多い仕事への従事者。あるいは、スポーツなど余暇における活発な運動習慣をもっている場合。

例えば、あなたの年齢が35歳の男性で体重が81kgの場合は、
はじめに求めた1日の基礎代謝量は 1806.3kcalでしたね。
もし、身体活動強度が「ふつう」の場合、

あなたの1日のカロリー摂取上限量(制限カロリー摂取量)は、1806.3kcal × 1.75(身体活動強度 ふつうの値)=3161kcalとなります。

本気で痩せたい!と決心したら1日の摂取カロリーが3161kcalを下回る生活を継続すれば、
体重はどんどん減っていきます。

あなたも自分の一日のカロリー摂取上限量を算出してみましょう。

マイナス7000kcalで体重1kg確実に減りますよ。

ダイエットを成功したいと決心したら糖質過剰摂取を抑えることはもちろんです。それだけでなく、1日に超えてはいけない総カロリーの制限摂取量についても理解しコントロールしましょう。

3か月から4カ月で無理のないダイエットに成功しますよ。健康診断の数値も劇的に改善します!

タイトルとURLをコピーしました