減量生活にドーナツ屋さんの香港おかゆ !?

スポンサーリンク

こんにちは!今日はあなたの減量生活にドーナツ屋さんの賢い利用方法についてお話します。以前、僕はブログでおかゆを食べることをオススメしました。あなたが残業で忙しい夜、さっさと食事を済ませて帰りたいと思ったとき、ラーメンではなくヘルシーなおかゆを選んだ方が摂取カロリーを4分の1以下に抑えられ太りにくいカラダになるのです。

おかゆの活用方法はいろいろあります。たとえば、「あれ?ここ数日、体重が増えている!」や、「昨日の夜は食べすぎ、飲みすぎた!」、「今日の夜、宴会がある!」など、そんなとき朝ごはんはしっかり食べて、昼ごはんでカロリーコントロールしましょう。そこでドーナツ屋さんのおかゆ登場です。
香港おかゆ1

「近くにおかゆを食べれるおみせがな~い」と思っているあなた、どこか近くにミスタードーナツありませんか?このお店、飲茶を扱っている店舗は「香港おかゆ」というメニューを販売しています。単品で315円、カロリーはなんと126キロカロリー!(※201310月現在)

このおかゆメニューに無糖飲料を組み合せれば、減量生活に大変役立ちますよ。

実際の香港おかゆはこんな感じです。
香港おかゆ2このおかゆを食べるコツはスマホを見ながらのような、ながら食べでよいので少し時間をかけてたべることです。ささっと食べてはいけません......そうすることが満腹感につながります。

夜の宴会で中生ビール(500ml)を3杯飲んだ場合、100ml×45キロカロリー×15675キロカロリー、または小生ビール(334ml)を3杯飲んだ場合は、100ml×45キロカロリー×10450キロカロリーになります。

いずれもビールだけでランチ一食分ほどカロリーを摂ってしまいます。このお酒のカロリーを1日の食生活の中で調整するには、おかゆを活用するのも一つの方法と覚えておきましょう。
香港おかゆ3

宴会後の〆ラーメン、どうしても我慢できないとき、減量生活中のあなたは春雨ヌードルとゼロキロカロリーのノンアルコールビールを自宅で楽しみましょう!

こうした工夫の積み重ねで私も楽しく15kgの減量生活が成功しました。

By Teddy

タイトルとURLをコピーしました