本気で痩せたい?40代からのクールエイジング

半年で15kg痩せることに成功。その体験を活かし本気で痩せたい40代のあなたが実践できるダイエット方法や知識をお教えします

飲んでも痩せるコツ

緑でサラナはコレステロール下げる飲み物として役立つと思う

投稿日:2014年7月20日 更新日:

「緑でサラナ」を飲んで悪玉コレステロールを下げよう!特定保健用食品サンスター

こんにちは!本気で痩せたいと思っている皆さんは、1年に1回人間ドックや特定健診を受けていますか?

通常より太り気味のあなたは、年を取るにつれて悪玉(LDL)コレステロールの値が高くなって行く可能性高いと思います。

悪玉(LDL)コレステロールは高い値のまま放置しておくと、あなたの体内で血管が硬化し様々な病気を誘発します。

※いつまでも若々しい血管を維持したいあなたは、こちらの記事も参照ください

そこで今日は、コレステロールを下げたいと思っているあなたが、

ぜひ毎日1本飲むことをオススメしたいコレステロールを下げる飲み物の紹介です。

サンスターの特定保健用食品「緑でサラナ」です。実際の僕が飲んでみました!

どうして「緑でサラナ」は、コレステロールを下げる働きがあるのでしょうか?

Kenkodojo1「緑でサラナ」の缶は、特定保健用食品の許可表示があります。読んでみると「血中コレステロールを下げる働きがあるブロッコリー・キャベツ由来のSMCS(天然アミノ酸)が豊富に含まれています」と書いてあります。

SMCSという天然アミノ酸は、ある特定の酵素を元気(活性化)にしてくれる働きがあります。SMCS(天然アミノ酸)によって元気にあった酵素は、悪玉コレステロールを胆汁酸に変え体外へ排出する働きを一生懸命やってくれるそうです。この酵素の懸命な働きが悪玉LDLコレステロールが体内に吸収増加することを抑えてくれるんですね。

毎日、朝1本「緑でサラナ」を飲用習慣にすると良いと思いますね。

実際に僕が「緑でサラナ」を飲んでみました!

ものすごく濃厚な野菜ジュース!!!という印象を受けました。決してすごく飲みやすい飲み物ではないですが、苦味の中に甘味ありとう感じでしょうか?

<<緑でサラナ1ヶ月分30本のお求めはこちらから>>

ものすごく濃厚な味には、理由がありました野菜の栄養もたっぷり摂れるんです!

kenkodojo2 見てください、このドロドロした濃厚グリーンの飲み物。

でもこの濃厚さは、とても大きな意味がありました!

「緑でサラナ」がコレステロールを下げる飲み物というだけではなく、1日の食生活では不足している野菜摂取量も同時補ってくれるすぐれものなのです。とても便利です!!

1日の野菜摂取目標量が350グラムなのに対し、日本人の平均摂取量は277グラムです。あと73グラム足りていません。特に本気で痩せたい!と思っているあなたは、野菜摂取量がもっともっと不足しているかもしれません。

そこで毎朝1本、この「緑でサラナ」を飲むことで毎日105グラム相当の野菜を手軽に摂取することができるのです。

特定保健用食品サンスター「緑でサラナ」は、コレステロールを下げる飲み物としてだけでなく、1日に足りていない野菜摂取量も補ってくれる一石二鳥の優れた特定保健用食品の飲み物ですね!

コレステロールの気になるあなたは、毎日朝1本!「緑でサラナ」の生活はじめてみてはいかがですか?

<<緑でサラナ1ヶ月分30本のお求めはこちらから>>

 

By Teddy

-飲んでも痩せるコツ
-,

執筆者:

関連記事

アサヒドライゼロ 0カロリー糖質0だから本気痩せたい!あなたにオススメ

短期間で痩たい!と思ったらアルコールをノンアルコールに変えてみる。しかも0カロリー糖質0の飲料に。今日紹介するのはノンアルコールビールのアサヒドライゼロ。詳しくはコチラ。

内蔵冷え対策はホットミルク青汁を、寝る前にどうですか?

ダイエット中にお腹の調子が悪くなること(便秘気味)ありませんか?カロリー制限することで体の温度が下がり代謝機能が低下しているのかもしれません。そこでホットミルクを寝る前に!オススメします。詳しくこちら

おでんと焼酎のロックで減量計画を進める

こんにちは!寒い季節は、やっぱりおでんが食べたくなります。組み合わせを工夫して食べれば、とてもヘルシーな料理です。外でおでんを食べるときは、お酒も一緒にのみたいですよね。糖質ゼロのビールがたのめれば良 …

糖質ゼロビール とノンアルコールを飲んで2ヶ月以内に5キロのダイエット成功を

糖質ゼロビールとノンアルコールビールを上手に飲めば簡単に5キロのダイエットできる方法をお伝えします!お酒はやめられないが、とりあえず簡単に2ヶ月で5キロのダイエット成功してみたいと思いませんか?

肥満予防にコーヒーはブラックで飲む!コーヒーの日(10月1日)

こんにちは! 肥満や2型糖尿病のリスクを減らせること、あなたはコーヒーの飲み方を工夫することでできるのを知っていましたか?毎年、10月1日はコーヒーの日、あなたが日々飲むコーヒーについて少し考えてみま …