血管年齢の若返りに玉ねぎ健康成分シクロアリインとケルセチン

スポンサーリンク

痩せて若々しく見えるだけでなく、血管年齢も若返りたい

こんにちは、今日は体内年齢のバロメーターといわれる血管年齢の若返りについてお話します。

本気で痩せたい!と思い立った皆さん、太り気味の体型は実年齢よりも老けてみられた経験ありませんか?特に35歳を過ぎてくると健康体型と肥満体型の人では、見た目の老け度合が大きく違ってきますよね。この老化原因の一つは肥満が血管の内部酸化(サビつき度合い)を早める血管年齢が実年齢より老化するからだと考えられています。

つまり、痩せるのと同時に血管年齢の若返りを目指せば、あなたは見た目も体内も若々しさを取り戻せると思います!

血管年齢の若返りは活性酸素のダメージをいかにおさえるか

血管壁の構造

お腹にたまった余分な脂肪は、カラダに有害な活性酸素を大量に発生させることが分かってきています。活性酸素について知らない人は、むきたてのリンゴが茶色くなったり、クギを外に放置しておくと錆びてしまうのを見たことがあると思います。茶色く変色する現象は、活性酸素がダメージを与え劣化した結果なのです。カラダの中で発生する活性酸素は、リンゴやクギを劣化させるように血管を痛めつけ老化させるのです。血管年齢を老いさせるのです。

活性酸素のダメージからいかにして血管を守るかが、血管年齢の若返りに大切なことと言われています。

活性酸素のダメージから血管を守る食品を積極的に摂取しましょう

フィトケミカルあなたは、抗酸化成分という言葉を聞いたことありますか?

代表的な成分は、ビタミンAとビタミンC、ビタミンEや亜鉛、銅などのミネラルがあります。これらの抗酸化成分は、血管のもっとも内側に位置する内皮細胞を活性酸素のダメージから守り血管の若返りに役立つと言われています

ビタミンやミネラルより植物成分に含まれるフィトケミカルの一種ポリフェノールは、抗酸化力がより強いことで注目されています。

特に注目される強力な抗酸化成分は、玉ねぎにも含まれる植物性のポリフェノール成分です。

濃縮された玉ねぎの外皮成分ケルセチンを手軽に摂りたい方はこちら

血管年齢の若返りに玉ねぎの外皮を料理に混ぜて食べていますか?

タマネギ普段、玉ねぎを使った料理はいろいろと食べますよね。カレーライス、野菜炒め、肉じゃが、酢豚、ミネステローネなどお馴染みです。

ところで玉ねぎを食べる時、あなたは外皮の部分も料理に混ぜて食べていますか?おそらく今まで玉ねぎの外皮は食べた経験ないと思います。

実は玉ねぎの外皮は、血管年齢の若返りに欠かせない抗酸化成分がむき身の数十倍も含まれているそうです。

その成分名はケルセチンと言われるもの。植物性の抗酸化成分であるポリフェノールの一種だそうです。玉ねぎは、成長する過程で玉ねぎにダメージを与えようとする様々な生き物や紫外線から身をまもるためにケルセチンを有効活用しているそうです。このパワーを私たちも利用すれば活性酸素がダメージを与えようとする体内を守ってくれそうですね。ネット上で「皮付き玉ねぎ料理」を検索すると沢山の料理が検索できました。

ぜひ、玉ネギの皮に濃縮されている抗酸化成分ケルセチンを積極的にとって血管年齢の若返りを目指しましょう!

濃縮された玉ねぎの外皮成分ケルセチンを手軽に摂りたい方はこちら

By Teddy



 

[ad#mobile-text-320]

タイトルとURLをコピーしました