ダイエット置き換え食にカップヌードルPRO 高たんぱく&低糖質を活用

スポンサーリンク

ダイエットで早く結果を出したいなら置き換え食メニューを組み込むことです。

置き換えダイエット食は高タンパクで低糖質がポイント

そこで目についた置き換え食をすぐに試すのは、ちょっと待った方がよいです。
世の中で置き換えダイエット食と称して購入できるものは、気を付けないと栄養価が低いものもあります。

ダイエット置き換え食として購入する前に、そのパッケージの栄養成分表示をよく確認してから選んだ方がよいです。

このブログを読めばダイエット置き換え食の利用方法が身につくので、ぜひ最後までお読みください。

早く結果を出すために置き換え食によるダイエット実践は良いのですが、栄養摂取をおろそかにしてはいけません。減量後の姿が、自分の理想としていた痩せ方と違い決して美しい体型にならないことがあります。

糖質が低くタンパク質が多い置き換え食があればベストです。手軽な方法の一つをご紹介します。

置き換え食ダイエットは、栄養不足に要注意

世の中には「置き換えダイエット食」と称する商品がたくさんあります。

繰り返しになりますが、商品の中身(栄養成分表示)をよく確認して購入を決めてください。誤った商品を選ぶと栄養摂取不足で健康的に痩せることができません。

理想的な置き換えバランス食は低糖質&高タンパクな商品です。そんな商品が見つかれば栄養摂取不足を補うことができ、健康的なダイエット実現が可能になります。

市販の置き換え食は栄養成分表示を確認。高タンパクで低糖質なものを選ぶ

自分が選んだ置き換え食の栄養成分が不十分の場合、足りないものをプラス1品で補った方がカラダに良いです。

ダイエット置き換え食に手軽なカップ麺の活用方法

たまたま店頭で見つけたカップヌードル。栄養成分表示を眺めて驚いた!

カップヌードルプロ 高たんぱく 高食物繊維 低糖質に驚いた

高たんぱく、高食物繊維、低糖質の3拍子でダイエット中の置き換え食にぴったりな一品だ。

こんなカップ麺にで今まで出会ったことがなかった。

通常のカップヌードルより低カロリー

ダイエットで1㎏体重を減らすには7200kcalのカロリー摂取をダイエット前より実践する必要があります。

少しでも無理なくカロリーは減らしたいところ。このカップヌードルプロは、普段よく食べるカップヌードルが一杯351kcalに対して274kcalとカロリーを抑えてくれています。

ちなみに274kcalは、ご飯一杯(240kcal)とほぼ同等です。白米のご飯一杯では満足感や栄養価も十分ではありません。それと比較すると優れものです。

通常のカップヌードルより低糖質

ご存じかもしれませんが、糖質の高い食べ物を食べるとカラダに吸収され即エネルギーとして利用されない糖質は体脂肪として蓄えられ自分の出番を待ちます。

これがどんどん積み重なり出番待ちの糖質が体脂肪として蓄積された体型が肥満です。

糖質の高い食べ物を摂り続けることは肥満の原因

カップヌードルプロの糖質は、一杯あたり15.3グラム。置き換え食としては、非常に低い糖質量です。

分かり易いかどうかですが、15.3グラムの糖質量を他の食べ物で上げてみるとマグロのお寿司たったの2貫と同等です。

この糖質量であれば、安心して置き換えダイエット食として活用できます。

カップヌードルプロの高たんぱく量に驚いた

こちらの栄養成分表示を見てください。

たんぱく質がカップ麺1杯に15.2グラムも入っています。

置き換えダイエット食と称する商品は低たんぱく量であることが多々ありますが、こちらの商品は全くの逆で高タンパクなり理想的置き換えダイエット食として活用できます。

高タンパク量と高食物繊維量で血糖値スパイクを予防

先に説明した通り過剰に糖質をカラダに取り込むと肥満に直結しダイエットは成功しません。

いかに糖質を過剰にカラダに取り込まないかもダイエット中のポイントです。

そこで威力を発揮するのは、たんぱく質と食物繊維の積極的な摂取です。糖質をカラダに取り込んでも、このたんぱく質と食物繊維をたくさん取り込むことでブロック効果が働きます。

その結果、糖質がカラダにゆっくり吸収され体脂肪として蓄積されにくくなります。

これらのことからカップヌードルプロは置き換えダイエット食の1品としてピッタリだと思います。

ダイエット生活シーンの中でカップヌードルプロの食タイミングを考えてみた

このカップ麺をどんな生活シーンで活用すればダイエットの結果が早くでるか考えてみました。

置き換えダイエット食としてカップヌードルプロが役立つ日常の食シーン

運動後のタンパク補給を兼ねたダイエット置き換え食として

運動時に破壊された筋肉修復のために、たんぱく質を運動後30分以内に摂ることが良いと一般的によく言われています。

そこで朝、運動した後のダイエット置き換え食、または夕刻の運動後の食事として活用するのが良い結果に結びつくとおもいました。

置き換え時短ランチ

ランチをゆっくりとる暇がない時もカップヌードルプロが大活躍です。

置き換えダイエット食という意味合いだけでなく、糖質が少ないので食後1~2時間後に血糖値の変動が大きくなり眠くなるような現象がおきません。

午後のパフォーマンスも午前中と変わりなく捗ると思います。

お酒を飲んだ後のラーメン VS カップ麺

お酒を飲んだ後、無性に食べたくなるラーメン。

ダイエット中でも我慢する必要はありませんが、街中のラーメンは高カロリー高糖質で置き換えダイエット食にはなりません。

ここでグッとこらえて帰宅してからカップヌードルプロを食べればお財布にも優しくダイエットも成功します。

ぜひ、置き換えダイエット食には、高タンパク、高食物繊維、低糖質のカップ麺を活用してみてください。

タイトルとURLをコピーしました