本気で痩せたい?35歳を過ぎたらクールエイジング

半年で15kg痩せることに成功。その体験を活かし本気で痩せたいあなたが手軽に実践できるダイエット方法や知識をお教えします

体質改善の豆知識 飲んでも痩せるコツ

内蔵冷え対策はホットミルク青汁を、寝る前にどうですか?

投稿日:

こんにちは!
今日はホットミルクに青汁を混ぜて飲む習慣をオススメするお話。
あなたはダイエット中にお腹の調子が気になることありませんか?急なカロリー制限をした結果、身体の温度が下がって代謝機能が低下することが原因かもしれません。そこでぜひ寝る前にホットミルク青汁を飲んで翌朝、お腹の調子を体感してみてください。



便秘の原因は内蔵冷えかもしれません

冷えと聞くと手足の冷えを思い浮かべると思いますが、もしあなたが便秘で悩んでいるのなら内蔵が普通の人より冷えているのかもしれません。内蔵が冷えているということは、内蔵の血流が悪く温められない状態に陥っていると思われます。その結果、正常に働くはずの消化機能が十分に機能せず便秘になってしまうことが考えられます。内蔵を冷やさないことがポイントです。
なぜ、内蔵が冷えてしまうのか
それでは、あなたの内蔵がなぜ冷えてしまうのでしょうか?肥満気味の体質は、血の巡りが悪いの内蔵が冷えやすくなります。逆に急なダイエットを始めてカロリー制限すると体内で燃焼するエネルギー不足に陥りやはり内蔵が冷える原因になります。それ以外にお腹出しファッションやエアコンの影響など内蔵が冷やされる原因はいろいろあります。

寝る前にホットミルクで内蔵を温めましょう

そこで翌朝の快腸を目指すために寝る前に内蔵を温める習慣を心がけましょう。腹巻もいいですし第二の心臓といわれるふくらはぎを温めて寝ることも良い習慣だと思います。でも、寝る前にホットミルクを飲んで内蔵を温めてねることをオススメします。

僕が実践しているホットミルク青汁

Hotaojiru1
僕は寝る前に内蔵を温めるためにホットミルクをのんでいます。でも、そこにひと工夫で青汁を混ぜて飲んでいます。

Hotaojiru2
ふるさと青汁を混ぜて飲んでいます。普通の青汁はケールが素材ですが、ふるさと青汁は、明日葉が原料です。栄養価が普通の青汁とは違ます。
ふるさと青汁(メーカHP 抜粋)

あなたも翌朝の快腸を目指してホットミルク青汁をためしてみてください。満足度は抜群だと思います!
Hotaojiru3

By Teddy



-体質改善の豆知識, 飲んでも痩せるコツ

執筆者:

関連記事

血管年齢検査後は、玉ねぎ健康成分シクロアリインとケルセチンで若々しさの維持を

自分の血管年齢を検査したことありますか?しなやかな若々しく血管年齢をたもつことが生活習慣病から身をまもる大切なポイントの一つです。
血管年齢を若々しく維持してくれる玉ねぎの健康成分のお話です。詳しくはコチラ

肥満予防にコーヒーはブラックで飲む!コーヒーの日(10月1日)

こんにちは! 肥満や2型糖尿病のリスクを減らせること、あなたはコーヒーの飲み方を工夫することでできるのを知っていましたか?毎年、10月1日はコーヒーの日、あなたが日々飲むコーヒーについて少し考えてみま …

no image

減量生活の応援道具、やっぱり食物繊維

こんにちは!アメリカの医学雑誌で食物繊維の摂取量に関連した調査結果が発表され医学雑誌に投稿されました。 ”食物繊維摂取が少ないと心血管リスクが増加する食物繊維の摂取量が少ないと、メタボリッ  クシンド …

no image

カテキン飲料で減量促進は軽い運動をプラス

こんにちは!今日は脂肪を消費しやすくするカテキンのお話です。あなたは、カテキンの入った飲みものを飲んだことありますか?花王株式会社のヘルシア緑茶が、カテキンの脂肪燃焼を科学的に証明し特定保健用食品とし …

緑でサラナはコレステロール下げる飲み物として役立つと思う

1年に1回は人間ドックや特定健診を受けていますか?通常より太り気味の場合、年を取るにつれて悪玉(LDL)コレステロールの値も高くなって行くと思います。その高いLDLコレステロール状態をそのまま放置しておくと、やがて血管が硬化し様々な病気を誘発します。そんな心配を特保飲料で予防しましょう!詳しくはコチラ