本気で痩せたい?35歳を過ぎたらクールエイジング

半年で15kg痩せることに成功。その体験を活かし本気で痩せたいあなたが手軽に実践できるダイエット方法や知識をお教えします

体調管理グッズ 体質改善の豆知識

就寝中に足がつる悩みに使って良かった!ふくらはぎを優しく包む「ふくらはぎウォーマー」

投稿日:2015年1月9日 更新日:

ふくらはぎウォーマー 1

ふくらはぎウォーマー きれいの源 ミーテ 1

こんにちは!ダイエット中のあなたは、季節を問わず、就寝中に突然、足がつる経験ありませんか?特に明け方近くにこむらがえりを経験する悩みを持つ方が多いようです。今日はそんな就寝中に足がつる悩みを解決する予防グッズふくらはぎウォーマー「ミーテ・ライトロング」のご紹介です。自分でこのふくらはぎウォーマーは購入して夏でも冬でも使っています。

なぜ、夏でも冬でも就寝中に突然足がつるのか?その原因は

就寝中に足がつる状態とは、足の筋肉が急に収縮したり痙攣したりする状態のことをいいます。あなたが寝ているときこの状態が数十秒から数分に渡って続くと、痛みをともなって急に起きてしまうんです。就寝中、足がつる人はどんなタイプにあてはまるのでしょうか?

太り気味の人は足がつりやすい!その原因は血行不良と筋肉の冷えにあり

就寝中にあなたの足がつる原因は、もしかすると血液がネバネバによる血行不良が原因かもしれません。血液の役割の一つは、あなたの体に血液を循環させ体温をコントロールすることです。あなたの血液がネバネバで流れが悪い状態にあると全身の血液循環がうまく働かず体温が調整できません。あなたの活動量が低くなる就寝中は、下半身の体温が下がっていきます。血液ネバネバによる慢性的な血流の悪さと就寝中の下半身体温の低下が原因で足の筋肉が冷えやすい状態になります。この筋肉の冷えが原因で熱を逃がすまいとする筋肉が収縮の方向へ動くので就寝中に足がつってしまうと言われています。

足がつる予防その1:血管年齢を改善し血液の流れをなめらかにましょう

寝ている間に足がつった経験のあるあなたは、血液が全身をスムーズに流れていない可能性があります。足がつる予防方法としては、まずあなたの活動量が一番低い就寝中でも全身を血液がなめらかに流れるような状態を心がけることです。肥満気味の体型である場合、血中のコレステロールや中性脂肪、血糖などが健常人よりも高い傾向があります。その健康状態では、寝ている間に心臓から遠い足まわりの血行が滞りがちになり、急激に筋肉が冷やされ収縮し足がつるのだと考えられます。とくに明け方は寝汗で脱水しているので血液中の水分とナトリウムが減り血液がとてもネバネバになりやすいです。適正体重に戻すことに努め血流を改善してくれる食べ物を積極的に摂取しましょう。

血液のネバネバが気になるあなたは、「納豆キナーゼ」の記事もチェックしてみてください

足がつる予防その2:第二の心臓といわれる「ふくらはぎ」を保温しましょう

就寝中に足がつるのを予防するための手軽なもう一つの方法は、下半身の筋肉を寝ている間も温めることです。どの部分を温めることが足がつる予防に効果的なのでしょうか? それは、ズバリふくらはぎです!最近、ふくらはぎは色々な健康法でも注目されているます。 その理由は、第二の心臓と言われふくらはぎの筋肉のチカラで下半身に巡ってきた血液を心臓に送り返すのです。 つまり、ふくらはぎ周辺の筋肉を冷やさないことが、足がつる予防に大変役立つわけです。

足がつる予防にふくらはぎウォーマーの保温性を自分で実験してみました

ふくらはぎウォーマー きれいの源 ミーテ 2

ふくらはぎウォーマー きれいの源 ミーテ 2

ふくらはぎウォーマー きれいの源 ミーテ 3

ふくらはぎウォーマー きれいの源 ミーテ 3

きれいの源社が販売している、ふくらはぎウォーマー「ミーテ・ライトロング」 を買って保温力を自分のふくらはぎに装着して体感してみました。
素材はふわふわしていています。巷のふくらはぎウォーマーは装着すると足回りに圧迫感と不快感があります。血流改善と逆効果になりそうです。でも、このふくらはぎウォーマーは、そうした足回りの圧迫感を全く感じません。朝まで快適に装着してふくらはぎを暖めながら快適に眠れます。足回りを 締め付けのない理由は、このふくらはぎウォーマーの編み方が従来の他の商品と全く違うのだそうです。触ってみるとフワフワなだけでなく、よく伸びてタテとヨコに形が変わります。不思議です。

締め付けの優しいふくらはぎウォーマーのメリットはこちらの動画がわかりやすいです。(40秒動画)

どうでしょうか?あなたも第二の心臓と言われるふくらはぎを寝ている間に暖めて、就寝中に足がつる予防方法としてふくらはぎウォーマーでふくらはぎを温める生活してみませんか?自分で体感できたのでおススメします。

最後までお読み頂きありがとうございました。

-体調管理グッズ, 体質改善の豆知識
-,

執筆者:

関連記事

no image

太ったカラダは血管もボロボロ?青魚が助けてくれます

こんにちは!今日はヘルシーな青魚、秋刀魚(サンマ)のお話です。秋は手頃な価格でスーパーに新鮮な秋刀魚が売り出されてまいすね。お寿司屋さんが握る秋刀魚も美味しいです。秋のランチ定食は、「秋刀魚の塩焼きく …

no image

体重の減量について基礎を知りましょう

今日は体質改善の基礎となる体重の管理方法について皆さんに少しお話します。 みなさん、自分の標準体重を知っていますか? 標準体重は身長をベースとして統計的にもっとも健康だと思われる体重のことです。 今の …

内蔵冷え対策はホットミルク青汁を、寝る前にどうですか?

ダイエット中にお腹の調子が悪くなること(便秘気味)ありませんか?カロリー制限することで体の温度が下がり代謝機能が低下しているのかもしれません。そこでホットミルクを寝る前に!オススメします。詳しくこちら

肥満気味のあなた、入浴中の事故に気をつけて

こんにちは!今日は減量生活中のあなたに注意してもらいたい入浴中の事故予防についてお話します。夏はシャワーが中心だったあなたも、気温が低くなってくると長く湯船につかるようになりませんか?僕は、夏はシャワ …

no image

減量中はカロリー減だけでなく低GIの食品を選ぼう

こんにちは!みなさん、居酒屋さんに行くとなんとなく「ポテトくださ~い」って言ってませんか?先日、居酒屋さんで友人が何気にフライドポテトをオーダーしたのですが、ひと皿でなんと925kcalもありました! …