本気で痩せたい?35歳を過ぎたらクールエイジング

半年で15kg痩せることに成功。その体験を活かし本気で痩せたいあなたが手軽に実践できるダイエット方法や知識をお教えします

体質改善の豆知識 外食で痩せるコツ

カレイ(カレイの煮付け)のすごいところは低カロリーだけではありません

投稿日:2014年10月18日 更新日:

今日は美味しいカレイで痩せる話!

karei3
こんにちは!
ランチの定食でカレイの煮付けを選びました。
白身魚はヘルシーなのでダイエットにぴったりと思ったのですが、このカレイという魚は低カロリーで高タンパクだけではありません。

カレイのカロリーは150kcal程度、煮付けカレイは250kcal程度

karei1この写真(上↑)ですべて合わせて600kcal程度のランチ。
おかずのカロリーが低いと全体の摂取カロリーもぐんと下がります。
本当は「ご飯少なめでお願いします!」と言うはずだったのですが、忘れてしまいました….
ご飯がこの量だと250kcalくらいなので半分に減らせばさらにカロリーセーブになりました。

肥満に大敵な高血圧・悪玉コレステロールを下げてくれるタウリンがカレイには豊富に含まれます

カレイは低カロリーで良質なタンパク質が特長なだけでなく、タウリンが豊富に含まれることで知られています。
タウリンが入った商品をあなたも一度は利用したことがあるのではないでしょうか?
タウリンで科学的に知られていることは、血圧や悪玉(LDL)コレステロールを正常なレベルに修正してくれる働きです。
本気でやせたい!と思っているあなたは、恐らく血圧や悪玉(LDL)コレステロールが少々高めではないでしょうか?
そのような健康状態の場合、普段の食生活にカレイを使った料理を取り入れると痩せるだけでなく、血圧やコレステロールの値も健康なレベルの方向に向かうでしょう。

 肥満大国アメリカで注目されているビタミンDの1日必要量はカレイ一切れを食べればOK

2005年頃からアメリカでは様々な健康効果があると注目され始めたビタミンD。注目され始めた理由は肥満大国でアメリカでビタミンDに関連した臨床研究の結果が、動脈硬化や心筋梗塞、糖尿病の予防に力を発揮することがで分かってきたからです。そのビタミンD、カレイを一切れ食べれば、あなたが一日に必要とするビタミンD摂取量を確保することができます。

どうですか、低カロリー以外にカレイが本気で痩せたい!あなたを応援してくれるチカラをたくさん持っています。

ぜひ、月に何度かカレイも食事のメニューに加えてダイエットの成果を上げましょう!

By Teddy

-体質改善の豆知識, 外食で痩せるコツ
-, ,

執筆者:

関連記事

就寝中に足がつる悩みに使って良かった!ふくらはぎを優しく包む「ふくらはぎウォーマー」

こんにちは!ダイエット中のあなたは、就寝中に足がつった経験ありませんか? 今日は、就寝中のこむらがり予防グッズとしてレッグウォーマーのご紹介です。 なぜ、寝ている時に足がつるのか?詳しくはコチラ

森永ミルク 「プレミルPREMiL」と青汁で牛乳ダイエットを

今日は低脂肪乳の森永プレミルが本気で痩せたい!あなたに役立つお話です。普通の牛乳より低脂肪なのでカロリーコントロールをしながら良質なたんぱく質を得ることができます。スロージョギングと組み合わせれば基礎代謝力がアップして痩せやすい体に変身するでしょう。

no image

太ったカラダは血管もボロボロ?青魚が助けてくれます

こんにちは!今日はヘルシーな青魚、秋刀魚(サンマ)のお話です。秋は手頃な価格でスーパーに新鮮な秋刀魚が売り出されてまいすね。お寿司屋さんが握る秋刀魚も美味しいです。秋のランチ定食は、「秋刀魚の塩焼きく …

ファーストフードを減量食!ベーコンレタスバーガー

こんにちは!ちょっと工夫してファーストフードを食べると手軽な減量方法になる話を以前ブログで紹介しました。 今日は、意外にカロリーありそうなマクドナルド ベーコンレタス バーガーを減量食として利用しよう …

血管年齢の若返りに玉ねぎ健康成分シクロアリインとケルセチン

血管年齢の若さを取り戻すことは、いつまでも若々しく過ごす秘訣です。肥満気味の体型は活性酸素が血管の内壁にダメージを与え老化を早めると言われています。玉ねぎの外皮に濃縮されている抗酸化成分ケルセチンで血管年齢の若さを取り戻しましょう。